teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2011年2月26日 武道館公演

 投稿者:COLD SUN  投稿日:2011年 3月 3日(木)13時55分44秒
返信・引用
  Junco様、並びに、BBS利用者様、本当に、ご無沙汰しています。“COLD SUN”です。
こちらの、「Jhon Oates Go DEEP」サイト トップページ 「Come in」を
クリックしても、次のリンク先に進めません。プログラムの点検を、お願い致します。
私は、どうにか、掲示板を探し出しましたが、書き込みをしようと思いながら、書き込みを
断念した方は、相当、おられると思います。

体調不良の為、書き込みが遅れました(書き込み自体、何時依頼やら)2月26日武道館公演に、
行ってきました。1984年の来日公演で、武道館は体験済みですが、やはり、武道館は特別な
場所でした。そもそも、会場埋まるのかなと心配していましたが、チケット完売でして満員でした。
でも、1984年時は、2階席ステージ後方も、座席が埋まっていたと思うので、調整済みの満員と
思われます。

郷愁に浸りながら、いざ、九段下に到着して、武道館前のHall&Oatesのツアータイトルボード
を見て、若干、うるうるものでした。開園20分前のなると、トイレは大混雑で、女性は、さぞ、
お困りだったと思います。いざ、定刻スタート(めずらしい?)アリーナの方が、スタンディングで、
一安心。オープニングは、“Man Eater” これが、音響が悪くって、最初から、痛い状態。
演奏中、5~6回、ダリルの指示で、裏方がステージ上で調整作業。2曲目の、“Family Man”
途中ギターソロから音響が改善(リハで調整してるだろうが、本番とは、環境違うし)そんな事を、
思いながらも、バックメンバーに、顔馴染みがおらず、不思議に思いながらも、コンサートにのめり込み、
6曲目に、“.It'a Lough” 最近の日本公演では、珍しい選曲、引き続き7曲目も、なつかしい
“Las Vegas Turnaround” これが、ジョン唯一のメインヴォーカルもの、あまりの出来の良さに、
新曲と思って聞いていた位のすばらしい、アレンジでした。10曲目に、私が、Hall&Oatesで、
一番好きな曲である“Do What You Want, Be What You Are” これが、かっこ良すぎでした、
チャーリーとポールの掛け合い、チャーリーとダリルの掛け合い、Jazz man顔負けの演奏内容で、
さすが、千両役者、見せるところは、外しません。アンコール前、最後の曲が、流れで
“I Can't Go For That(No Can Do) ” 毎公演、盛り上がる曲ですが、毎回、バージョンが違います。
最近は、チャーリーの持ちネタと思うほど、メインを食っていますが、それを、ファンが望んでいるので、
欠かせない曲です。以上で、1回引けて、曲少ないと思いながら、アンコールは通常、2回はあるし、
でも、年齢的な事で、色々、あるかなと考えていると、1回目のアンコール開始、“Rich Girl”
“You Make My Dreamsn” 2回目のアンコールでサプライズ、UDOの社長さんに、Hall&Oatesから、
ギターのプレゼント、これは、初来日から、30年以上、お世話になっている事と、ファンの代わりに、
代表で、受け取ってもらった様な事だったと思います。2回目のアンコールは、“Kiss On My List”
から、お約束の“Private Eyes” でした、ファンは、この合いの手無しに、会場を去れませんからね。
公演終了は、20時前だったので、やはり、以前と比べて、公演時間は、短くなった気がしました。
ただ、細かい事はさておき、武道館公演は、ファンにとって、お祭りでしたので、参加するだけで、
幸せでした。会場で、見知らぬ方と、お話しましたが、私も含め、来場者の年齢は、毎公演高く
なっているので、PTAの父母者会かと思ってしまいました。杖を突いていた方も、見かけましたので、
健康で、次の来日公演を、参加出来れば、自分にとっても、幸せな事なんだと思う、一日でありました。
公演後、会場外のグッズ売り場で、ようやく、ツアーパンフレットを入手して帰宅。

帰宅後、ツアーパンフレットを、読んで衝撃!!バックバンドのT-Bone" Wolkが、ちょうど、一年前に、
突然、心不全で、他界されていた事を知りました。享年58歳でした。最近、Hall&Oatesの情報収集を
怠っていたので、1年間、まったく気付かなかったです。武道館でも、バックバンドに、T-Boneが居なかった
ので、体調でも崩しているのか気になっていましたが、実に残念です。ファンの方々も、色々な思い出が
あると思いますが、1984年の武道館で、バックバンド(Hall&Oatesの場合、Familyですが)で、
T-Bone" Wolk
G.E.SMITH
CHARLIE DeCHANT
MICKEY CURRY
の黄金期、初めて生演奏を聴き、それ以来、人生の半分以上を、彼らの演奏を、過去の音源を含め、
必要不可欠な存在として、聞いてきたものですから、心に大きな風穴があいてしまい、支離滅裂な思いで、
今、書き込みしていても、起承転結が無くなってしまいました。
(今回の武道館は、同窓会的に、1984年当時のバックバンドを連れて、凱旋公演してくれればと、
チケット販売時は、密かに期待していたのに、悲しいです。)

ただ、言える事は、いままで、楽しい演奏と公演を、T-Bone" 有難う御座いました。
そして、安らかに、お休み下さい。私達ファンは、いつでも、あなたの演奏と共にあり続けます。
きっと、26日の武道館も、ステージ上で、独特な前かがみの姿勢で、ベースを弾いていたのかも知れません。“No Goodbyes”
 
 

始まりました♪

 投稿者:junco  投稿日:2011年 2月21日(月)21時27分50秒
返信・引用
  ひっさびさのジャパンツアー
行かれる皆さん、存分に楽しんでね。


書き込みもひっさびさだ…
 

ジョン、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:べロニック  投稿日:2009年 4月 7日(火)22時53分14秒
返信・引用
  いろいろ調べましたが、ジョンの誕生日が今日であることは間違いないですよね?
そして、今日で60歳!!
ジョン、おめでとうございます!
あなたがこの世に生まれて来てくれたことが本当にうれしいです。
そして、今も音楽活動を通して
私たちに素晴らしい幸せを与えてくれていることが。
どうかどうか、これからの日々も、
ジョンにとって豊かな満ち足りたものとなりますように。
特に、ジョンの一番大切な 家族とのお幸せが
本当にいつまでも続くように祈っています。

お誕生日、おめでとうございます♪
 

どこまで行くのか?

 投稿者:junco  投稿日:2009年 2月 8日(日)12時57分44秒
返信・引用
  >ベロニックさん
遅くなりましたが、素敵な内容の書き込みをありがとうございます。
情景や気持ちをなかなか上手く表現できない自分の思いを
そのまま書いていただいたって感じです。

>ジョンはどこまで行ってしまうのか?
私もライブを見ながらそんな気持ちになりました。
新譜を初めて聴いた時も、なんて引き出しの多いアーティストなの?!と思いました。
前回のファンク色が強いものから、フォーキーでカントリー色のある今作。
どちらの作品も「やり過ぎない」絶妙なバランスをもって、しっかり「ジョン・サウンド」なんです。
それをダイレクトにジョンの生声、生演奏で聴けた事は、一生の宝物をもらったと言ってもいいくらい。
体、心のど真ん中から湧き出してくるような、でも決して押しつけではない歌声。
大切な物が一つ一つ、心の中に降り積もって行くような感覚でした。

一人でも十二分にやっていけるアーティストが、あえて2人で歩んできたホール&オーツの凄さ。
こんな事も考えてました。
齢60を超えていこうとする人が、無限の"可能性"を感じさせるなんて
なかなか出来ない事だと思うのですが、ジョンはそれを持っていると確信します。
「その先」がソロなのか、デュオなのかは分からないけれど、
本当に楽しみなアーティストです。
 

あっという間の

 投稿者:junco  投稿日:2009年 2月 7日(土)08時42分12秒
返信・引用
  4日間、楽しい事は光のように過ぎてしまいますね。。

今は、仕事の前に書き込んでいるので、そんなに沢山は記せませんが
ラスト大阪も東京と同様に、ジョンとのやりとりが楽しい暖かなライブでしたよ。
2ndはちょっと曲数が少なかったですが、リクエストタイムでは
これまでで最多の曲名が次から次へと飛び出して、本人もビックリって感じでした。
でもとても嬉しそうでしたねぇ。
「大阪の人達はファンキーだから好き」なんて事も言ってましたよ。
 

夢のような2日間

 投稿者:べロニック  投稿日:2009年 2月 6日(金)23時09分37秒
返信・引用
  月並みなことしか言えないですが、まさにそんな感じ。
ビルボードライブ東京は 六本木の夜景を見ながらライブ、っていうのが
ウリらしいですが、夜景なんて目にも入らなかったという気分です。

大阪が終わるまで、感想を書くのは控えようと思っていたら
2chにも、早速セットリストが載っていて びっくり。
これから行く人の先入観なんかにならないといいけどなぁ なんて
心配していました。

本当に、フレンドリーなライブ。
だけど、そこにはなれあいではなくて、来ていたお客さんが本当にジョンを好きで、
ジョンも、長い間ずっとジョンとダリルを好きだった日本のファンに
口だけでなく、感謝している、
それがよく分かったからこその、温かいライブになったと思います。

正直、ジョンは本当に深みを増しましたね。
あの人はどこまで行ってしまうんだろう?とさえ思ってしまいました。
自分のギター一本で歌った数曲も、とても1人の弾き語りとは思えない。
これが実力、これが本物、そしてこれが今のジョンの届けたい音なんですね。
そう、あくまでリクエストも、やらない曲はやらない、
ホール&オーツの曲は演奏しても、全く別のグルービーな世界。

カントリーな顔、フォーキーな顔、
そしてファンクで、かつブルース魂いっぱいの顔、
ジョンの引き出しって こんなに多くて、そのどれもが最高で本物でした。
あえて自分の国に抗議する曲、
家族への愛を惜しみなく歌う曲、
ジョンって、本当にピュアで正直な人だってことがよくわかりました。
正直な方が、ショービジネスの世界では 生きていきにくいはずなのにね。

大阪公演 ラストはいかがだったのでしょう。
昨夜は自宅で、時計ばっかり見て過ごしました。

本当に、「ホール&オーツはずっと好きだよ」とか、
「ジョンは縁の下の力持ち」とか 訳知り顔で言う人にこそ
聴いてほしいライブかも。

ジョン、来てくれて本当にありがとう。
「長い間 ありがとう」って言ってくれましたが、
わたしのほうこそ、「長い間 好きでいさせてくれてありがとう」っていう
気持ちでいっぱいです。
 

回を重ねる毎に、

 投稿者:junco  投稿日:2009年 2月 4日(水)05時59分20秒
返信・引用
  深みを増していくようなライブです。時間配分が分かったせいか、曲数も1セットにつき3曲ほどプラスされてます。細かいことはネタバレになってしまう恐れありなので伏せておきます。何と言うか、ダリジョンファンを自負する方にこそ聴いてもらいたい!って感じかな。

関西方面で、ライブ参戦を迷っている方はおられますか?。大阪公演はラストデイでもあります。次はいつになるか分かりませよ~。是非足を運ぶ事をお勧めします!。
 

2日目です

 投稿者:junco  投稿日:2009年 2月 3日(火)16時57分2秒
返信・引用
  もっと早く書き込みをしなくてはいけなかったのですが…。昨夜はうっかり携帯の電池切れを起こしてしまい。。不覚です。

昨夜は2セットとも13曲演奏したと思います。意外と、ホール&オーツナンバーが多かったかな。ジョンアレンジで見事に変貌を遂げたあの曲、この曲。新譜からのナンバーも聴きごたえありです。ジェドはじめバンドとのからみもタイトでいいです。今回はエレキはなし、エレアコとアコギ2本で弾きまくってくれます。会場の雰囲気をとても気に入ってるみたいなジョン。口も滑らかです。ほとんど理解出来ないのだけど(涙)。

セットリストや詳しいレポは全日程が終わってからにしますね。では。
 

なんとか

 投稿者:junco  投稿日:2009年 2月 1日(日)21時51分53秒
返信・引用
  小旅行の準備もできました。突貫工事だけど・・・。
あとは明日の仕事の段取りだけ。
なんですが、何だか落ち着かなくってダメダメです(苦笑)

いよいよ明日なんですね~♪どんなライブになるのかな。
一人でも多くの皆さんと同じ時間、空間を共有できるのを楽しみにしてます。
 

汗、汗、

 投稿者:junco  投稿日:2009年 1月31日(土)22時48分24秒
返信・引用
  準備がなかなか進みません。気持ちばかりがはやります。

>ベロニックさん
>飛行機の予約も、~
遠方からいらっしゃるんですね。道中お気をつけていらしてくださいね。
ビルボードは私も初めてです。地元にあるブルーノートと同じかなあなんて想像してます。
ライブが始まれば、ジョンがすっかりいい気分にさせてくれるに違いないです。
思い切りたのしみましょう!
 

レンタル掲示板
/3